不動産の徒歩表記について

徒歩表記について

不動産徒歩表記は道路距離80mで1分

不動産の

サイトや図面などに

記載されている徒歩表記のお話。

「〇〇駅より徒歩〇分」

とかよく見ると思いますが

あの表記の仕方は決まりごとがあり

道路距離80mで1分と

しています。

80m以下は繰り上げです

ですので

12mでも徒歩1分

79mでも徒歩1分

徒歩表記について

徒歩表記について

離れると実際とのずれが大きくなる傾向

80mを1分で歩き続けることは

意外と大変です

距離があるほど

歩く速度の個人差や

信号、階段などで

時間はどんどんずれる傾向が強くなります。

例えば

おばあちゃんでも

おばあちゃん

おばあちゃん

 

赤ちゃんでも

赤ちゃん

赤ちゃん

 

表記は同じですからw

 

そして

徒歩では

階段を使うと近い物件などでは

階段が400m続いていても

400÷80=5分

徒歩5分です

階段400mを5分って想像しただけで

大変 大汗

 

当然、大通りで

なかなか信号機が変わらなくても

徒歩表記では関係なく表記するので

時間が大きく変わります。

 

改札の目の前の物件でも徒歩1分

こういった場合、

私は「ほふく前進」でも1分!

なんて紹介したりしますw

実際にほふく前進する方はいないと思いますが・・・

より近さをアピールするための

キャッチコピーとして使用したりしていますw

 

以上のことを踏まえると

徒歩5分前後(階段は含まない)場合は

ほぼ時間通り歩けることが多いです

 

では徒歩15分とかなると・・・

徒歩15分となると

距離にして約1,200m

1.2㎞です。

ちなみに1,121mでも

徒歩15分。

最後の80mはかなり差が出ると

思いませんか?

 

それでも統一しないと比較の目安がなくなる。

統一しないと個々の判断で

距離がある物件ほど近く見せるために

2~3分ほどサバを読むことになり

本当は12分表記なのに

9分と表記したりすることになりかねません。

 

徒歩10分以内と徒歩10分以上だと

受ける印象もかなり変わってきますよね。

 

インチキではなく決まりごとがあるって

お話でした!

関連記事

  1. 地図追加中1
  2. いわの不動産の新聞折込
  3. いわの不動産 店舗外観
  4. いわの不動産リフォーム後の店内
  5. ホームページ作成中1
  6. いわの不動産 店舗用品
PAGE TOP